トップページへ たけやまが目指す政治 たけやまの活動記録 たけやまの実績 やけやまの議会発言

12月12日

総合政策常任委員会 議案外質問

12月議会 総合政策常任委員会にて、公共事業の発注における平準化について議案外質問を行いました。

1.工事発注の平準化について
(1)本市の現状について
(2)今後の取り組みについて

12月5日

12月定例会 一般質問

12月定例会にて一般質問を行いました。
質問項目は以下の通りです。

1.防災対策について
  (1)浸水・冠水対策について
  (2)水位情報システムについて
  (3)防災行政無線の情報発信について
2.公共の福祉の増進について
 (1)駅及び駅周辺のトイレ設置について

10月3日

総合政策常任委員会 議案外質問

9月議会 総合政策常任委員会にて、議案外質問を行いました。
入札について以下2点です。

@建設工事における最低制限価格について
 本年度、国の改正に伴う本市の現状と今後の見解。
A低入札価格調査制度について
 S級の対象工事を例にあげ確認。基準に基づき算出した金額を下回った場合に失格となる割合の本市の現状と今後の見解。

8月1日

発達障害者支援法の勉強会に参加しました

衆議院議員会館の第8会議室で、輿水恵一衆議院議員と公明党さいたま市議団の宮澤則之、小森谷優、井上伸一、松下壮一、吉田一志、西澤鈴子、齊藤健一議員とともに発達障害者支援法の改正についての勉強会に参加しました。
この法改正は今年の6月3日に公布され、8月1日から施行されました。
現在、発達障害者は人口の約6.5%存在しておりますが、今回の改正では、発達障害者への支援として、発達障害による日常生活・社会生活に制限を受ける方だけではなく、「社会的障壁」によってそうした制限を受ける方も含まれることになり、これまでよりも支援の対象の幅が広がりました。
就労支援の主体についても、これまでは都道府県が主体でしたが、国が主体として規定されました。そのほか、発達障害者の家族への支援として、家族が互いに支えあうための活動の支援等も盛り込まれました。
今回学んだ事を生かし、さいたま市における障害者支援の更なる拡充に取り組んでいきたいと思います。

3月4日

保育現場を訪問

公明党さいたま市議団の上三信議員、松下議員、吉田議員、西澤議員と共に5名で桜区にあるわらしべ保育園を訪問し、さいたま市私立保育園協会会長である剣持園長から保育行政についての課題と要望をうかがいました。
公明党さいたま市議団では、子育て支援の重要な柱の1つとして、待機児童解消のために保育施設整備と保育士確保策を一貫して主張し、議会でも具体的な提案をいくつも重ねてきました。
この3月からは、保育士への家賃助成制度が新たに始まりますが、これも本会議や委員会での質疑で提案してきたものの1つです。
剣持会長からは、この家賃助成制度とともに保育士の処遇改善についても強い要望をいただきました。今後も、現場の意見・要望をもとに政策実現を目指して取り組んでまいります。

1月22日

平成28年度予算要望に対する回答

公明党さいたま市議団として提出した「平成28年度予算編成並びに施策に対する要望書」(平成27年10月提出)に対する回答が、市長および市の執行部からおこなわれました。
さいたま市の来年度の一般会計が史上最大規模になる見込みの中、公明党の予算要望の内容についても一部、取り入れられるものとなりそうです。
市民の皆さまから寄せられたご意見・ご要望をもとに作成した要望の中には、すぐに実現できないものもありますが、今後も議会における質問や要望などを通して、実現に向けて一歩一歩進んで参ります。

1月11日

さいたま市成人式

さいたま市成人式に参加させていただきました。
オープニングには、埼玉県出身のロックバンドの演奏、式典には市長や市議会議長のあいさつ、10人の代表者による「はたちの誓い」など。その他アトラクションの後、「再会の広場」にて皆さん久しぶりの再会を楽しんでおられました。
成人式を迎えられた皆さま、所用で参加がむつかしかった皆さま、成人の日おめでとうございます。

1月10日

さいたま市消防出初式

さいたま市消防出初式に参加しました。
地域の為、仕事を持ちながらのご尽力に、改めて感謝申し上げます。